TOP > 外国人への技能実習とは

外国人の技能実習とは、外国の人が日本の企業で働くことで日本の高い技術を身に着けて、その国の発展を担う人を育てることを目的とした制度です。


日本に来て企業で働いて技術を磨いて日本の製品の品質管理や製品生産などを実体験しながら学んでいきます。


外国人が技能実習として日本で働くときには、日本に中長期に滞在するための許可が必要です。

許可を得るには日本側の企業や送り出す国側の実習生候補者の情報に、どの技術を勉強するかなど様々な情報を生理して入国管理局に申請します。

外国人技能実習生についての情報を提供しています。

複雑な申請や現地とのやりとり、日本語教育などは共同組合が代わりに行ってくれるので企業は実習だけに専念出来ます。



現在中国やベトナムにミャンマーからの受け入れが行われていて他の国からの予定などもあります。

外国人を受けいれることができる職種や作業は決まっていて68種類と126作業があります。

これ以外の職種や作業でも可能になることもあります。



日本の残留資格は1年目打は実習生1号、2年目と3年目は実習生2号として滞在し、両方合わせて最長3年間滞在出来ます。
受け入れ可能人数も企業の常勤職員数によって1年間に受け入れることができる技能実習生の人数が違ってきます。

例えば受け入れ企業の常勤職員数が301人以上だと常勤職員の5%以内で、50人以下だと3人以内と決まっています。

技能実習生は現地で受け入れ職種の経験がある人で、入国前と入国後にも日本語講習をしっかりと受けてから企業に配属されるようになっています。